子ども食器はガラスや陶器のものを!モンテッソーリ教育に学ぶ子ども食器の選び方【おうちモンテ】

おうちモンテ
5~6か月頃から離乳食がはじまり、1歳を過ぎる頃には段々完了食、そして幼児食へと段階を踏んでいく時期ですね。そろそろ離乳食用食器から幼児食用の食器に買い替えようかな?と悩むのも、これくらいの時期なのではないかと思います。
 
子ども用の食器と言えば、まず落としても割れにくい材質のものが選択肢に上がるのではないでしょうか。
しかし、モンテッソーリ教育では、子どもが使用する食器はガラスや陶器のものを推奨しています。
 
割れやすいものを使ってしまって大丈夫!?
と、最初は心配になるかもしれません。
なぜ敢えて割れやすい素材のものを使用するのか、どういったものがおすすめか、実際に使用してみた食器も含めて紹介してみたいと思います!
 

陶器やガラスの食器を子どもに与えることのメリット

割れやすい素材だからこそ、「丁寧に扱うもの」と理解できる

プラスチックの食器は軽いので持ちやすく、壊れにくいです。逆に言えば、多少雑に扱ってしまっても壊れません。
ところがガラスのコップや陶器の食器はしっかりとした重みがあり、プラスチックの素材ほど手軽に扱うことが出来ません
「これは丁寧に扱わなければいけない」と、実際に子どもが触る・持つことによって知ることが出来るのです!
 
ことこ
ことこ
使い初めには「これは壊れやすいから、両手で持ちましょう」と教えてあげることも大切ですね♪
 

子どもにとって「大人と一緒」であることが重要

1歳を過ぎる頃から子どもは大人の行動をよく見て、模倣することを楽しむようになります
また、自我の芽生えつつある子どもにとって、大人と同じような食器を使って食事をすることで「自分も家族の一員である」という喜びを感じられるようになるでしょう。
 
毎食は難しくても、一日一回はぜひ子どもと一緒に食卓を囲み、食事を食べる楽しさを子どもが感じられるようにしてあげたいですね。
 

ガラス・陶器の食器はいつごろから用意してあげるべき?

  • 手先を使うこと遊びに興味を持ち始めた
  • 自分でスプーンを持とうとする、食器を抱えようとするようになって来た
 
以上のような傾向が見られたら、食器を用意してみても良いかもしれません。最初はおやつの時間など、短い時間で少ない量をあげる時に使ってみると、子どもの反応を見やすいと思います。
 

子ども食器は無印良品が高コスパでおすすめ!その理由と実際に使ってみた感想

我が家では無印良品の子ども食器を使用しています!

色々な子ども用食器を探してみましたが、私が一番おすすめしたいのは「無印良品」の子ども食器です!
 
 

「家族で使える子ども食器」がコンセプト

無印良品といえば、シンプルで機能的なデザインが魅力的ですよね。無印良品のこども食器も、大人が一緒に使うことの出来る、「使い道を限定しない普遍的なデザイン」となっています!
上でも述べたように、「子どもが大人と一緒の食器で食事をする」という条件を満たせることが魅力的なポイントです♪
 

お皿の大きさが豊富で、用途によって使い分けられる

  • ワンプレートにしたい時の仕切り皿
  • パスタやカレーなど主食をメインにしたい時の大きめの皿
  • デザート用のフルーツやちょっとした副菜を入れる為の小皿
 
などなど、子どもの食事量やメニューにあわせてお皿を使い分けることが出来ます!
また、深さがしっかりとしているので、お皿の端でスプーンを使って掬いやすい構造になっています。
 

万が一割れてしまっても再び買いそろえやすい

セット売りしているこども食器はとてもかわいらしくデザイン性が高いものが多いですが、一皿割ってしまうとなかなか替えを買いにくいというデメリットも。
その点無印良品のこども食器はばら売りしているので、例え1皿を割ってしまっても買い替えが効きやすいです!
また、まとめ買いでいつでも5%オフなので、家族用も含めて最初にまとめ買いしてしまっても良いかもしれません。
 

実際に使ってみた感想

上記の理由から我が家では無印良品のこども食器を使用しているのですが、非常に使い勝手が良いです!
一番の大きな変化は、息子の食器の扱い方です。
元々息子は離乳食用に使っていたプラスチックのお皿をひっくり返してしまうことが多かったのですが、食器を新調してからはほぼ無くなりました。
やはり磁器の食器で多少重みがあるからか、本人も慎重に扱おうとする姿が見られるように!
 
大人も一緒の食器を使用して、一緒に食事をする時間も設けるようにしています!
 

食事の場面で「失敗しても大丈夫」を伝えて行きましょう

モンテッソーリ教育の考え方は、生活の様々な場面に取り入れていくことが出来ます。
今回の食器選びもその一つですが、「ものを丁寧に扱うこと」に加えて「失敗しても大丈夫」ということを子どもに伝えて行きたいですね。
 
使っていて、子どもが食器を壊してしまうこともあるでしょう。
まずは叱らずに「壊れちゃったね。食器は割れると使えないね。ケガすると危ないから片付けようね」と教えてあげてください。
割れものの片付けは危険なので子どもが小さいうちは大人がやった方がいいですが、大切なのは「食器は割れるもの」「割ってしまったらどうすればいいか」を教えてあげることだと思います!
 
ことこ
ことこ
失敗を恐れずに挑戦する心や、失敗した自分も受け入れてもらえることで、子どもの自己肯定感をはぐくんであげたいですね♪

 

モンテッソーリ教育についてまとめている記事はこちらになります!これからおうちモンテをはじめたい方は是非目を通してみてください♪

子どもの自主性がぐんぐん育つ!「モンテッソーリ教育」を家庭で取り入れてみよう!